« HOME

瀬戸内の風景

はじめに

公益財団法人福武教育文化振興財団は昨年、創立から25周年を迎えました。四半世紀にわたる教育と文化の振興で培ってきた成果を、これからの地域の未来づくりへと生かしていくプロジェクトとして、平成23年度・24年度の2ヵ年にわたり岡山市東区犬島を主会場にした記念事業「犬島 海の劇場」を実施いたしております。

初年度は、春3月に未曾有の災禍となった東日本大震災と福島原発事故の発生により、記念事業の実施も危ぶまれましたが、フランスから招聘するパフォーマンス事業の中止に留まり、他の創造発信事業と教育普及事業については、犬島の方々をはじめ関係各位のご協力のもとに、無事に計画を遂行することができました。

とりわけ、記念事業の目的として掲げました、犬島の地域資源を生かした演劇(舞台芸術)のプログラムを実施すること、先駆的な作品を創作し犬島から全国へ向けて発信すること、演劇(舞台芸術)の可能性を犬島から地域の学校などへ拡大していくことに取り組み、“演劇(舞台芸術)の島・犬島”の実現に向けた地歩を記すことができました。

こうした成果を踏まえて、次年度平成24年度の事業計画を策定いたしました。引き続き、創造発信事業と教育普及事業を基軸としたプログラムに取り組み、記念事業の目的を達成してまいります。主会場となる犬島では、翌25年度には第2回の「瀬戸内国際芸術祭」も計画されており、記念事業の成果が、瀬戸内海からの新しい文化発信や、地域の希望ある未来づくりへとつながってゆくことを願っています。

コンセプト

犬島には瀬戸内海の美しい自然と景観のなかに、古代から現代にいたる様々な遺跡や遺構や遺産が点在しています。犬島での記念事業「犬島 海の劇場」は、そうした豊かな地域資源と演劇、ダンス、音楽などの舞台芸術が出会い、島の魅力を引き出し、人々の感動を創り出すプロジェクトです。

「犬島 海の劇場」には、ホールのような施設はありません。アクセスも電車やバス、自家用車、船を乗り継いでたどり着かなければなりません。都市の劇場に備わった快適さや便利さはありませんが、海を隔てた天然の劇場にしかない驚きや歓びがあり、訪れるたびに異なるトキメキにあふれています。

1 ミッションは「犬島に元気と笑顔を」
2ヵ年計画で実施する「犬島 海の劇場」。一過性よりも持続性を基本に、招聘型よりも参加型を重視した内容で、犬島に元気と笑顔をつくること。これが私たちのミッションです。
2 犬島の地域資源と舞台芸術をつなぐ
犬島の自然、地勢、歴史遺産、文化施設などを生かした舞台芸術を展開します。犬島ならではの地域資源に焦点をあて、その魅力をアートの力によって引き出し、未来へつなげます。
3 犬島から全国へ舞台芸術を創造発信
犬島の滞在施設を活用したアーティスト・イン・レジデンスでオリジナル作品を創作・発表。かつての石材や精錬された銅に替わって、優れた舞台芸術作品を全国へ情報発信します。
4 犬島が人材育成と教育普及の孵化器に
犬島の旧小中学校跡を保存・再生した生涯学習施設「岡山市立犬島自然の家」を拠点に、島と地域と学校が連携して、次代の文化芸術の担い手を育て、地域への教育普及を図ります。
5 犬島だけでなく他地域とも協働交流
「犬島 海の劇場」は、島と海を越えたプロジェクトとして、舞台芸術と教育、福祉、まちづくりなどと連携し、様々な地域や分野の人々との協働・交流のネットワークを築きます。

私たちは、犬島の季節の変化に目を凝らし、歴史の記憶に耳を傾け、島の暮らしに寄り添いながら、みなさまをお待ちしています。思い立ったその日から——「犬島 海の劇場」の物語は始まっています。