▲ Top Page

プログラム

NPO法人アートファーム創立25周年企画
劇団銀河鉄道岡山公演『銀版 熱海殺人事件』

URA-SHIMA flayer PDF

作:つかこうへい
潤色・演出:上村良介
キャスト:川端健悟 徳永徹 渡邉妙 寺嶋由貴子 出口留美
スタッフ:作曲=二宮伸治
              コレオグラファー=六車和也
              美術=高崎誠二
              照明=黒木重行(スペースアート)
              音響=津村哲治
              舞台監督=小山整
              舞台制作=三城清美
              演出助手=森裕紀子
              オフィス=古川桃子
              制作=古本径子/市美穂
              プロデューサー=大森誠一

■日時

日時:2017年3月18日(土) 開演18:30/19日(日) 開演15:30
両日とも開場は開演30分前、受付開始は開演1時間前

■会場

西川アイプラザホール(岡山市北区幸町10-16)

■料金

一般前売1,700円 一般当日2,000円
学生前売1,000円 学生当日1,300円
高校生以下・65歳以上800円(前売当日共通)
学生・高校生の方は当日受付にて学生証をご提示ください。
※予約購入はチケットページをご参照下さい。

[チケット取扱]

プレイガイド購入:ぎんざやTEL086-222-3244
岡山シンフォニーホールチケットセンター TEL086-234-2010
郵便振替購入:郵便局に備え付けの郵便振替用紙の通信欄にお名前・ご住所・電話番号・ご希望の鑑賞日・チケットの種類・枚数を明記のうえ、チケット代金と郵送料80円を添えて、3月10日(金)までに下記の郵便振替口座にお申し込みください(消印有効)。
口座番号:01350-5-77216 口座名:NPO法人アートファーム
予約購入:NPO法人アートファーム TEL086-233-5175 チケットページ

主催:特定非営利活動法人アートファーム
後援:岡山県 岡山市 山陽新聞社 朝日新聞岡山総局 読売新聞岡山支局
          毎日新聞岡山支局 RSK山陽放送 OHK岡山放送(順不同)
企画製作:特定非営利活動法人アートファーム

[問合せ・申込み]

NPO法人アートファーム
〒700-0823 岡山市北区丸の内1-1-5-402
TEL=086-233-5175
FAX=086-294-3764
E-mail=info@artfarm.or.jp

[趣 旨]

NPO法人アートファームは、2016年12月20日に創立から25年を迎えました。岡山河畔演劇祭の開催からスタートした私たちの活動は、さまざまな地域や世代や分野の方々と出会い、共に支え合いながら歩んでまいりました。
創立25周年の本企画では、そうした活動の一環として、香川県高松市を拠点に活動する劇団銀河鉄道を岡山に招聘して初の演劇公演を開催いたします。“汎瀬戸内”という地域を越えた文化芸術の交流・振興に資すればと願っています。
発足から30年余の活動歴をもつ劇団銀河鉄道は、ミュージカルから前衛演劇まで幅広い作品を創作し、いずれの公演もが高い集客力を誇るなど西日本屈指の人気劇団として注目を集めています。今回の岡山公演では、つかこうへいの代表作『熱海殺人事件』を、主宰の上村良介が本公演用に潤色し、迫真の逆説的ヒューマニズムに彩られた“つか芝居”がスタイリッシュな演出とともに蘇えります。

[プロット]

ここは東京警視庁捜査一課。くわえ煙草伝兵衛とあだ名され、警視庁一のキレ者といわれる部長刑事木村伝兵衛の仕切るデカ部屋だ。そこに富山県警から派遣された、これまたスゴ腕と自他ともに認める熊田留吉刑事がやってくる。熱海海岸で発生した殺人事件の捜査に協力せよとの命令だ。
だがこのデカ部屋、どっか変。中央にはドでかい、真っ赤なテーブルがどでんと置かれ、しかもそこにはお掃除デカなる婦人警官がいて、伝兵衛の愛人だという。こんなところでどんな捜査を行おうというのだ。
やがて容疑者大山花子登場。しがない庶民の起こしたチープな殺人事件の、その奥に隠された真相は?かくして伝兵衛たちは、人間のこころのなかの暗闇を、そして愛というドロ沼の深さを暴いていく。

[プロフィール]

<劇団銀河鉄道> 1979年高松市の依頼により国際児童年記念事業としてミュージカル「銀河鉄道」を上演。その実行委員会を母体に、翌年劇団を旗揚げ。主としてオリジナルミュージカルを主体に公演活動を行っている。中期には東京をはじめ他都市にも進出、高松との同時公演を行った。また韓国で開催された太平洋国際演劇祭にも、唯一アマチュア劇団として招待され、好評を博した。
自主公演以外にも、香川芸術フェスティバルのオープニング公演、第12回国民文化祭の主管事業としての公演や国営まんのう公園の開園イベントでの野外劇など、活動は多岐、他方面にわたっている。
その一方、演劇ユニット「銀組」を立ち上げ、寺山修司作品をはじめとする前衛演劇を不定期に上演、各作品ともに高い評価を得ている。ミュージカルであれ前衛演劇であれ、舞台表現という意味では同等である。既成概念にとらわれない、実験的で、自由かつエンターテイメントな舞台こそ、銀河鉄道の目指す演劇なのである。

[周年企画]

NPO法人アートファームでは創立25周年企画のテーマとして「演劇×越境×Excite」を掲げています。
舞台芸術が地域社会と豊かな関係を育んでゆくには、舞台芸術のもつ社会性や可能性をより一層拡大し、地域社会とさまざまな接点を創り出していく必要があります。事情は演劇においても同様です。演劇を取り巻く地域や世代の隔たり、ジャンルや表現の違い、ハンディキャップや偏見を抱えた人々の営み…などを越えて、演劇がいかに成立し、新しい価値を生み出すことができるかを実践とともに展望いたします。
岡山、奈義、高松、京都、東京から卓越した才能が集います。公演や上映の鑑賞からリーディングやワークショップの体験まで、多彩なプログラムが用意されています。すべては“越境”により生まれる、新しい出会いと創造のために――。
◇2017年度に実施予定のプログラム
・ヴォイス・クルージング ~書かれた言葉/声になる言葉~
・おんな独演『土佐源氏』秘典篇
・老いのリハーサル ~高齢者と若者が共有体験する演劇ワークショップ~
・村川拓也映画作品&トーク/菊沢将憲映画作品&トーク

▲ Top Page